2006年5月~2009年10月の 愛犬ちゃっぴー&さくら&来夢の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャッピーがヘルニア??
2006年05月23日 (火) | 編集 |
5月22日(月)、愛チャッピー(♂・Mダックス・5歳)が、椎間板ヘルニアの手術をしました。二日前までは、元気に走っていたので、驚きとショックで、気持ちの整理に時間が掛かりました。
今日は、様子がおかしいと思ってから、手術になるまでを...


☆この日記は、『fortuna店長の部屋』で以前書いたものです。
(blog移行中)

5月20日 夕方まではいつもと変わらなかった。。。サクラとも遊んでいたし、とっても元気だった。でも、夜ご飯をあげようとすると、歩き方がおかしい!ジャンプできない、走れない。。。
ただ、食欲はあった。


5月21日  朝起きると、いつもは私に飛びつき・顔を舐め・シッポを元気欲振って「おはようの挨が日課なのに、今日は少し元気がない。やっぱりいつもと違う。
AM11:00   掛かりつけの動物病院へ行く。右後ろ足に、少し麻痺がある(ヘルニアの疑いがある)。酷くなるようなら手術になるが、この程度で落着いていれば、薬の服用で様子を見ていく。との診断で帰宅。
PM4:00    夕方になっても元気が無く、やっぱり様子がおかしいので、病院へTELし、明日の時間外外来の予約を入れる。

5月22日AM3:00  キャン...という泣き声で目を覚ますと、普通に歩く事が出来なくて、痛がっている様子。体を上手く横に出来ないみたいなので、擦ってあげると、少し落着き眠る。
AM7:40  「ピンポーン」と、ドアチャイム。「ワンワン」といつもの様に吠えているので「元気になったの?」と様子を見ると後ろ足はほとんど動いていない少し経ち、抱っこをしてトイレに連れて行くと、自分で出来た。薬を飲ます為に肉をあげると、美味しそうに食べていた...が、後ろ足が動かないので、どうしたら良いか解らない感じ。
AM9:40  少し早かったが、病院へ。思ったより進行が早い。直ぐに手術が必要になるかも知れない。造影検査・緊急手術に対応している専門病院を紹介され、東京へ向かう。
AM11:40  東京の病院へ到着。掛かりつけの病院で、連絡を入れてくれたので、直ぐに診察が始まる。診察・レントゲン・血液検査・尿検査...麻痺の状態が酷いので、直ぐに手術が必要との診断。造影検査により、何処の骨を手術するか決め、説明→手術となる。
PM1:00  手術開始。一時間ほどで終わり、チャッピーの様子を見て、摘出した部分を見せてもらい、帰宅。
スポンサーサイト
テーマ:ダックスフント大好き♪
ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。